カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

ウェブショップ・メイン > 自家焙煎コーヒー豆

商品一覧

説明付き / 写真のみ

1件〜7件 (全7件)

エチオピア

エチオピア「イルガチェフェ・ゴティティ精製所・G−1ナチュラル・LCF別注品」 200g

1,400円(税込)
 エチオピアの名産地イルガチェフェ。お馴染みのウォテコンガ」に続き御紹介するのは「ゴティティ精製所」。最上級エリア限定の「G−1・ナチュラル」リリースです。
 最高グレードのG−1を作るためには、特注という形でとんでもない数の人材を集め、欠点豆を徹底的に取り除くしかありません。生産者にとってたいへん手間がかかるのですが、買値を保証し現地に雇用が生まれるので、ウインウインの関係で生産できております。
 モカ(エチオピアとイエメン産のコーヒーを、日本ではモカと呼びます)の特徴である、熟れきったモモのようなアンズのような果実香。そこにフローラルな風味も漂います。
グアテマラ

グアテマラ「サンタカタリーナ農園・ブルボン・LCF別注品」 200g

1,300円(税込)
 LCFの最重要パートナーシップ生産者のひとつ、アンティグアの名門農園「サンタカタリーナ」。今季も、標高1600m以上のエリアの特に出来の良い畑を指定し、品種も例によってブルボンのみを指定。
 完熟の実をていねいに摘み取り、最先端設備の整った清潔なファクトリーでピカピカに磨き上げた逸品です。その味わいは、非常に洗練された苦味とナッツ系の甘いコク。ほんのかすかに花のようなさわやかな香り。スペシャルティコーヒーのお手本のような出来栄え。
コスタリカ

コスタリカ「グラニートス・オルティス・標高2000mエリア・真空パック輸入」 200g

1,400円(税込)
 意識の高い小農家が品質を競っているコスタリカ。今回ご紹介する生産者は「グラニートス・オルティス」。そのオルティスの農地の中でも標高2000m超えのエリアを指定し、極めて硬く実の締まった最高グレードの豆を確保しました。つやつやに磨き上げられ、うまさを約束する素晴らしい輝き。
 軽めな口当たりながら、とろんとしたコク。柑橘系の甘酸っぱい香り。昨今話題のフルーティーなコーヒーとは、たとえばこんな豆です。
ブラジル

ブラジル「マカウバ・デ・シーマ農園・ブルボン・ECOウォッシュト・LCF別注」 200g

1,300円(税込)
 ブラジルの名産地セラード地区でも、とりわけ優良農園の誉れ高い「マカウバ・デ・シーマ」。伝統の品種ブルボンの最も出来の良いものを、「LCF規格」として特別注文しています。通常のラインとはべつに管理・精製し、通常の麻袋ではなくアルミ蒸着の袋でダメージを避け輸入されます。
 軽くスモーキーさを漂わせつつ、カラメル系の苦味が立ち、甘味も強いキャラクター。ナッツ系のコクがありながら後口はスッキリ切れます。ブラジルコーヒーの醍醐味を満喫していただきたく、デリケートなフレンチローストで仕上げています。
Hakoyaメインサイトへ

モダンブレンド「烈(れつ)」 200g

1,300円(税込)
 香り・味わいともに強い主張を感じさせます。あえて濃いめに淹れて深煎りコーヒーの魅力をご堪能ください。牛乳ともよく合いますので、クリームたっぷりのケーキとあわせたり、カフェオレのベースとしても。
Hakoyaメインサイトへ

クラシカルブレンド「懐(かい)」 200g

1,300円(税込)
 すっきりとした味わいを追求しました。苦味の中に上品な酸味が感じられます。穏やかな時間を過ごされるときに軽く味わいたいブレンド。
Hakoyaメインサイトへ

Hakoyaブレンド「吟(ぎん)」 200g

1,300円(税込)
 深煎りコーヒーの醍醐味が感じられる、当店のメインブレンド。店主が今一番飲みたい香味に仕上げています。くっきりと苦味がたっていながら甘いあとくち。どなたにもおすすめできるスペシャルなおいしさです。

1件〜7件 (全7件)

ページトップへ